プログラミングって?

  1. ホーム
  2. プログラミング&ロボット
  3. プログラミングって?
プログラミングって?

コンピューターの技術革新が進む中で、人間にしかできないと思われていた仕事がロボット等の機械に代わられようとしています。。

2015年に野村総合研究所により発表された分析によると、
10年~20年後に、現在日本で働いている人の約半数の49%の職業が
機械や人工知能によって代替が可能だということです。

『特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。
だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。』(ビル・ゲイツ)

あらゆる産業がIT化していく中で、プログラミングは全職業共有の基礎教養になります。
お子様がプログラミング、さらに英語ができれば鬼に金棒!!
将来の選択肢が広がり、先行き不透明な未来でも十分活躍できる事に間違いありません。

プログラミングによって身につく論理的思考などのスキルは日々の生活に役立ち、どんな職種・分野でも必ず役に立ちます。
最新情報では、大学に入るためのセンター試験に変わる新試験で2025年からプログラミングも試験対象になると見込まれています。

プログラミングのスケジュール

お子様の未来の為にプログラミングを始めてみてはいかがでしょうか?
お稽古としてのご通学、または英語の学童との組み合わせも可能ですのでご相談ください。



2020年度から小中学校でのプログラミング教育の必修化!

プログラミングって?

2016年4月19日、安倍総理大臣は政府の産業競争力会議で、コンピューターのプログラミング教育を小中学校で必修科目にすると提言しました。

「日本の若者には、第4次産業革命の時代を生き抜き、主導していってほしい。初等中等教育からプログラミング教育を必修化します」
安倍総理は、車の自動走行やドローンによる配送など政府がすすめる「第4次産業革命」を担う人材を育成するため、2020年からプログラミング教育を小中学校で必修科目とする考えを示しました。